出張で出会った珍しい航空機の場面

出張で出会った珍しい航空機の場面

 

今日は、これまでの出張で出会った珍しい航空機の場面を紹介をしたいと思います。

 

といっても、航空機マニアの方にとったらあまり驚くようなものではないと思うのですが、私にしてみたら凄く珍しいと思ったものです。

 

 

まずは凄く古そうな塗装のANA機。モヒカンジェットと言うそうですね。

塗装は古いですが、機体はそんなに古いものでは無いはずです。(だと思います)

IMG_1562

写真の背景を見ると、これは伊丹空港で撮影しているはずです。初めて見た時は「なんなんだこれは」という感想で急いで写真を撮った覚えがあります。

残念ながらこの航空機には今まで搭乗することがありませんでした。

 

 

 

 

もう一つ、夜のモヒカンジェット。

こちらは羽田空港で大阪に帰る時に撮影したものです。夜のほうが塗装が似合いますねw

IMG_1547

IMG_1552

 

 

 

 

こちらは、羽田空港での一枚です。

何故か関空->羽田の路線では、たまにボーディングブリッジまで行かずに、遠くに停車してバスで移動させられることが何度かありました。そういえば最近はそういうことがありませんね。

バスに乗り換える時に急いで撮影しないといけないので難しいところでした。しかもエンジンに近づかないように係員の方がいらっしゃるので、撮影するポジション取りも難しいのです。

11095354_1103069619718727_5490501143603064620_n

 

 

 

 

 

そして最後の写真です。

羽田空港でこの場面を撮影したことがある方はあまりいないのではないのでしょうか。(大きなカメラを持ってきている人がたくさんいましたが)

IMG_1476

 

これは何をしている写真かというと、北国の人であればわかると思うのですが、航空機の羽に防除氷液(というらしい)を掛けて雪を落としている場面です。雪が羽の上にあると、上空で凍ってしまうため、地上で落とす必要があるそうです。

(それに気づくまでに何回か飛行機が落ちたのでしょうか。。。)

 

これを羽田空港で見たのはこの時一回だけです。

ちょうど東京が大雪になった時に大阪に帰る場面で出くわしました。結局この時は搭乗してから大阪に着くまで4時間くらい掛かったと思います。

IMG_1478

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

また面白い写真が撮れたらアップしていきたいと思います。

ANA全般カテゴリの最新記事