京急EXインが続々新規オープンしているようです

京急EXインが続々新規オープンしているようです

私がここ数ヶ月贔屓にしているホテル、京急EXインですが、続々と新規ホテルをオープンしているようです。

 

2016年以降で予定されているのは、

  • 秋葉原
  • 京急川崎駅前
  • 品川・泉岳寺駅前
  • 東銀座
  • 羽田

となっていまして、京急沿線を中心にオープンしていくようですね。京急EXインをよく使う私としてはありがたいです。(なお、2015年は五反田を中心にいろいろな宿泊していました)

http://www.keikyu-exinn.co.jp/feature/index.html

 

私がこのホテルを贔屓にしている理由は、

  • 駅から近い
  • 20泊すると1泊無料宿泊(直接予約の場合は10泊で可)

というところです。もちろんクオカード狙いの方は、そのプランも充実していますよ。

 

この中でも特にありがたいのは「駅に近い」という点で、特に品川より南側は、ほとんど駅と一体化しているのが嬉しいところです。

無料宿泊券については、、、私は1年で大体200泊くらいするので、それ以上宿泊できてもあまりうれしくない感じがします。。。京急EXインが他の地方都市や観光地にできればすごく嬉しいのですが。南海と提携して大阪にも進出したら面白いのでは?と思ったりしています。

 

 

海外からの旅行客を狙っている?

また今回、羽田にもオープンするということで、羽田に到着した旅行客(または帰る時の前泊)を狙っているというところもあるかもしれません。

確かに羽田から都心に行くまでの各駅にホテルが配置されているというのが、海外からの旅行客にはありがたいところですね。

 

ただ、これまでいろいろとホテルに宿泊してきましたが、海外からの旅行客が多いホテルというのは朝食バイキングがちゃんとある所、かつ団体でも余裕があるところが多い、というのが感覚としてありますね。京急EXインではほとんど海外からの旅行客というのを見たことがなく、朝食が完全に日本人向けになっているというところが敬遠されているところなのかもしれません。(具体的には京急EXインは1階にテナントとして外食チェーン店を入れて、そこで朝食が取れるようになっているのですが、バイキング形式ではありません)

 

今回新規にオープンするホテルについても朝食にそれほど力を入れていないようですので、憶測するに海外客狙いではなく、海外客で予約が取りにくくなったビジネス客向けにホテルをオープンしているのではないかと思います。

 

 

やはりビジネス客狙いでは

いろいろと考えを巡らせてみたのですが、他のホテルと比較してクオカードプランが異常に充実していることや、朝食が弱いことを考えると、やはりビジネス客狙いなのでという結論に達しました。

巷ではインバウンド客狙いでホテルをどんどんオープンしているという話を聞きますが、京急という会社は少し裏の道を行く会社なのかなと感じています。

鉄道系のネット情報を調べてみても謎の人気のようですし。京急というのは沿線を利用する客(沿線住民を除いては多くはビジネス・国内旅行客)に対していろいろとサービスを提供しそうな印象でした。もう少し垢抜けてやっていけば良いのではと思うのですが、大阪人の私としても親しみを感じるような鉄道会社ですので、海外からの人気を獲得しなくても、一番多い大阪からのビジネス客相手にやっていくだけでも良いかもしれませんね笑

 

全ての京急EXインの宿泊料金はこちらで確認できます

 

ホテルカテゴリの最新記事