出張中にインフルエンザにかかってしまいました

NO IMAGE

先週木曜日の夕方頃から会社で風邪っぽい咳が出始めたので、葛根湯を飲んで(葛根湯は風邪のひきはじめに飲むと、翌日には治っていることが多い)早めに退社したのですが、翌日の金曜日になっても体調が回復せず。。。

 

いつもなら大事にはならないはずだったのですが、どうも体調が悪いので会社を休んで帰阪することに。飛行機の予約を早めて昼過ぎには大阪に到着。

 

この時はまだ普通に生活できる程度の体調の悪さだったので、自宅でちょっと仕事をしてご飯などを食べた後、風邪薬を飲んで寝たわけなのですが、夜になっていきなり高熱に!

寝られないのでとりあえずの対処としてロキソニンを服用して翌朝まで眠りました。

 

翌朝起きると(ほとんど眠れてませんが)、全く熱は下がっておらず39度以上をキープ・・・

仕方なしに朝イチで近所のクリニックに行くと、あっさりとインフルエンザ認定を受けましたorz

 

いやー、会社の前の席の人、咳しまくってごめんなさい。もしかしたらインフル移っちゃったかも。飛行機で隣に座っていた人、もしかしたらインフル移っちゃったかも。

まあ僕も誰かに移されたわけですが。

 

そんなわけで、イナビルという吸引薬を処方されたわけですが、これが非常に効きました。

どうもウィルスの増殖を抑える薬だそうで、僕の場合吸引して12時間後には熱が下がりはじめ、このブログを書いている日曜日には平熱になってしまいました。

 

なかなかすごい薬ですねこれ。

ただ注意点もあり、一般的に言われている解熱してから2日間は会社や学校に行ってはダメというのは当てはまらず、解熱してから5日程度は休んでおかないとダメだそうです。

インフル発症(高熱) → イナビル吸引 → 翌日には解熱

とあっという間に解熱してしまうため、その後2日間ではウィルスが体から排出しきれず、治ったと思って会社や学校に出てしまうと、ウィルスをばらまくという結果になるそう。

 

 

ここ最近インフルエンザが流行っているそうですので、みなさんもお気をつけて。

 

 

 

健康カテゴリの最新記事