関西空港が心配です

関西空港が心配です

台風当日は東京にいました

ちょうど1週間前、台風21号が関西方面に上陸して大きな被害をもたらしたわけですが、僕はその時東京にいました。

「台風」といっても、ここ何年も大阪に大きな被害が出たことはなく、先週もいつもと大して変わらない台風だろうという認識で、天気予報もろくに見ずに東京へ移動したわけです。

台風当日も、特に気にせずに東京で仕事をしていたわけですが、嫁はんから台風ヤバいとのメッセージが入り、京都に出張している同僚からも、京都駅のガラスが割れてるという話が入ってきました。

東京にいると、大阪の状態なんて本当にわからないものだなぁと、その時は軽く考えていたのですが、Twitterで大阪の台風の状況をチェックしてみたわけです。

するとこんな状況が。。。。

最初見たとき、どこか外国の空港かと思ってしまうくらいにショッキングな写真がTwitterに投稿されているではないですか。

今年はほとんど飛行機に乗っていないのでボーディングブリッジともご無沙汰でしたが、それでもこんな状態になることなんて普通ではないと一気に危機感を覚えました。(大阪に帰れるのか、大阪大丈夫なのかと)

しかし、仕事している場所は東京。

一人で関西空港がやばいと騒いでいたのですが、周囲は特に興味なしの模様。。。やっぱり東京からすると大阪は一地方に過ぎないのだなと感じました。

仕方ないので仕事そっちのけで一人で大阪の情報を収集していると、さらにこんなTwitterの投稿が。。。

これを見た瞬間、いろいろと絶望しました。しばらく関西空港は使えないだろうな、とか、インバウンド需要を期待している大阪ヤバいのでは、とか。

自宅は災害に強い地域にあるのでそれほど心配はしていませんでしたが、大型船が連絡橋にぶつかっている姿はあまりにも衝撃的で、関西空港大丈夫なのかということばかりを考えてしまいました。

幸い、僕の出張自体は、ほとんど新幹線を使っているため影響はほとんど(といっても台風当日は運休していましたが)なかったのが幸いでした。

新幹線の営業が翌日水曜日から再開されたので、午後6時に大阪に到着する新幹線に乗って帰阪。街の被害などを電車の窓から確認したりしましたが、大阪市内はあまり被害が内容でホッとしました。

大阪市内は住宅が密集しているので、割と暴風による被害は少なく、大きな被害が出ていたのは戦後間もなく建てられた木造モルタル2階建ての空き家だけだったような感じでした。街路樹はいくつか完全に倒れているものはありましたが、電柱などは被害がなかったので良かったです。

関空の復旧について

あれだけの被害を受けて、3日後の9月7日には第2ターミナルでLCCの営業が始まったのはびっくりしました。

どうやって旅行客を運搬しているのか気になったのですが、あの壊れた連絡橋をバスなどが走っているとのことで、本当に大丈夫なのかと不安になります。

東京経済の記事を直接埋め込めなかったのでTwitterの投稿経由になりますが、第1ターミナルについてはまだまだ状況が深刻なようで、9月14日頃には復旧させるという話がありますが、現場で作業されている方の健康などに気を使っていただけると、という思いです。(上記の記事を見るに、コンビニのパン、カップ麺などしか入手できなさそうな感じなので)

このあたり、大阪への旅行を楽しみにしている観光客の方に、一刻も早く大阪ミナミを楽しんでほしいという気持ちと、あまり無理せずに復旧してほしいという気持ちが混じってしまいますね。

今後の出張については

僕個人については、幸いといいますか、今年は飛行機を使わないと宣言して、新幹線を利用していたため、直近の出張は影響はありません。

ただ、実は10月から飛行機での出張に戻そうと思っていた矢先のことで、10月以降はどうしようかと悩んでいるところです。

9/11時点では9月末までに鉄道が復旧というとんでもないスピードでの復旧が行われている状況で、もしかしたら10月から飛行機での出張に切り替えるかもしれないですね。

ではまた

未分類カテゴリの最新記事