東京オリンピック開催について思うこと

NO IMAGE

コロナが収束しない中、東京オリンピックが開催されるのか、されないのか、そういうニュースが良く出ていますね。

Yahooニュースのコメントなどを見ると反対意見がすごく多い様ですが、僕の意見としては「他の人に迷惑を掛けないならやっていいんじゃないの」というところです。

そもそもの話をすると、僕は自分がやっている(もしくは、やっていた)スポーツ競技はオリンピック種目では無いのです。だからオリンピックが開催されてもされなくても、僕個人に特に影響が無いわけです。

オリンピックというのは「スポーツの祭典」と言われるように、オリンピックの各種目を極めた人たちが集まって、誰が一番強いかを競うお祭りなわけでして、中途半端にそのスポーツをしている人や、スポーツをしていないような外野の人間がとやかく言うことでは無いと思っています。参加する人たちが自分たちでやるかやらないかを決めれば良いのです。

開催地にしても、「東京オリンピック」とは言っていますが、札幌でマラソンを開催する変更があったように、それぞれのスポーツ種目で一番コロナの影響が少ない国・都市で開催すれば良いと思っています。選手にとっては世界一を決める重要な大会なので自分たちで決めるべきです。IOCが聞く耳を持たないのであれば、オリンピックでは無い新しい競技大会の組織委員会を立ち上げれば良いわけです。

まあそんなことを言っても実際にできる人は少ないでしょうが、今後のオリンピック開催について疑問を持つ人が増え、健全なスポーツ大会運営に舵を切れるきっかけになるのであれば、東京で開催の是非を皆が考えるというのも良いのかとも思います。

特に、オリンピック開催という面子と、お金と、人の命のどれが一番大事なのかを皆が考えることで、コロナ後の世界で何を基軸に世界の人が今後を生きていくのか、その判断の大きな礎になると思います。

なぜ今回このような投稿をしておこうと思ったかと言うと、2021年のダボス会議のテーマは「グレートリセット」ですが、そこで議論されたことについて日本で報道された際に、それを聞いた日本人がどのように考えるのかが、この東京オリンピック開催の是非を考えた経験の影響が出てくるのでは無いかと思ったためです。

今回、自分で考えるということをした経験が、コロナ後の大きな変化で役立つようになれば良いですね。

ではでは。

雑感カテゴリの最新記事